以下をみつつ作業したメモです。

コンテナ イメージのデプロイ  |  Cloud Run のドキュメント  |  Google Cloud

SDK

brew install --cask google-cloud-sdk

準備

Cloud BuildのAPI有効化,

Cloud Strageの有効化

プロジェクトの作成

gcloud init

gcloud projects create cloud-run-hello-ktor

workspaceのセット

$ gcloud config get-value project

cloud-run-hello-ktor

gcloud config set project cloud-run-hello-ktor

Cloud Build でのbuild

gcloud builds submit --tag gcr.io/cloud-run-hello-ktor/helloworld-ktor

Cloud Run へのデプロイ

gcloud run deploy --image gcr.io/cloud-run-hello-ktor/helloworld-ktor --platform managed

初期設定

gcloud config set run/platform managed

gcloud config set run/region asia-northeast1

asia-northeast1(東京)

同時実行とメモリ制限を調整する

同時実行の仕組みを学習して、サービスの同時実行サポートを最適化します。詳細については、同時実行を調整するための開発のヒントをご覧ください。

サービスに必要な一時ファイル ストレージの容量も含めて、アプリケーションの実行に十分なメモリ制限が設定されているかどうか確認してください。

Last modified: 2021年8月15日

Author